e-story's blog

様々な物語を通じて、成功への流れを学ぶ。

成功法則マニアが語る!独立するために本当に必要なのは・・・。

    皆様こんばんは!

 e-story社長 やすしです!

 

 

 今回から”僕”の起業のストーリーが始まります!

 

 早速ですが皆様、成功法則ってご存じですか?

 ぶっちゃけでいうと大金持ちになる方法ってことです。本屋さんに行くと結構な数のその手の本が置いてあります。自分は相当読みました。そうゆうの(楽に金稼げる系)好きなんですよ。マニアの域です。

 

 では、独立に成功法則は必要不可欠なのか?それはですね・・・

 

必要なし!

 

独立するだけなら別にいらん。工務店のおやじがそんなの読んでませんよね。でも、社長やってますよ。クラウンとか乗ってますよ。 

 社長なんて金出して、登記すれば誰だってなれます。全然特別じゃない。

 

一つの事に一万時間かけて取り組むと「100人に一人」くらいの人材になるらしい。

「100人に一人」の人材になれば、独立して年収1000万円くらいにはなる。

べつに「潜在意識」を使わなくても、努力次第で可能です。

 

自分の感覚だと1500万くらいまでは行けるのでは、と思っています。

 

「それじゃ成功法則なんていらないくね?」そうなりますよね。

 

 でもね、必要なんです。なぜなら…

 

  1.  達成する時間が圧倒的に短い! 

    潜在意識は顕在意識(通常使っている意識)のなんと3万倍!

   北海道に徒歩でいくのと、飛行機で行くくらいの差がある!

  (最近よく北海道に出張するので。羽田空港から一時間半でついてしまいます) 

 

 2. 過去は関係ない!時間は未来から過去へと流れている

 

   過去にとらわれない。生まれも、育ちも関係ない。

   回転寿司でレーンの先に流れているお皿をみて「あっ、まぐろがくるな」

   という感じ。

   待っていればまぐろの乗ったお皿が目の前に現れるんです。

   そういう考え方。

 

   僕はこの考え方大好きなんです。

   思い描いた未来。わくわくしながら待つ。

   目の前に現れたら思いきって手を伸ばす。

 

   いま落ちこぼれでも、歳をとっていても、貧乏でも、

 

   潜在意識を使って思い描いていれば、関係ないんです。

  

   素敵じゃないですか。

 

  3. 限界を突破する!!

 

   「年収3千万以上の人は何らかの形で潜在意識を利用している」

 

   神田昌典さんの言葉。(出典は忘れました)

   

    独立して年収一千万超えて「よーし、もっと稼ぐぞ」と意気込んでいると

   つぎつぎとトラブルが発生したり、思わぬ出費があったりして足踏みします。

   たしかな壁の存在を感じます。

 

   年収一千万というのは多くの人にとって、一つの基準みたいな、到達点みたいな

   感じなんでしょうか。通常の意識ではなかなか突破できない。

   「一千万もあるし、まあいいか」となりやすい。

 

   壁を突破したいなら潜在意識を使うしかないのです。

 

   まとめると

 

  •    独立するだけなら成功法則は特別必要はない。
  •    独立後、大きく成長したいなら必須である

 

    ということです。

 

 

    次回から色々な成功法則の本を紹介したいのですが、ただ紹介する

    だけではつまらないので、物語形式で進めていきます。

 

    とりあえず独立に至るまでのストーリーの中で紹介していきます!

 

    ぜひ次も読んでくださいね。